小論文|『論理的な文章を書く力』の学習

授業を聞いても磨かれない

どんなに上手な解説を聞いても、自分が上手な小論文を書けるようになるわけではありません。授業をしっかり聞いたぐらいで書けるようになるなら、添削なんて必要ないのです。

大切なことは、 『自分が書こうとした方針』で、どう書くべきかっだのかを理解することなのです。

必要なのはこんな対策

大切なことは、自分の書いたことが、ストレートに人に伝わっているかです。誰かに読んでもらって、きちんと確認しましょう。

  • 知識・理解が間違っているところ
  • 分かりづらいところ

ここまで指摘してもらえたら、高い学習効率になるでしょう。

自分で勉強するなら

テキスト・問題集に掲載されている模範答案は、普通は受験生の答案をもとに作られています。そのため、完璧な小論文というよりは、十分合格できるレベルの小論文が多く選ばれています。

それを上手に活用しましょう。模範答案の1つ1つを、自力でしっかり添削・修正して、完璧な小論文を作り上げる訓練が有効です。

次の段では、『正しい小論文添削』について解説致します。ぜひ、参考にしてみてください。