電子書籍のご案内
最新情報
  • 平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国が補助して推進する事業に認定されました。今後の私たちの活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

算数|計算が”絶対に”得意になる対策法

◆国が認定した教育事業となりました

平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国の事業に認定されました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

小・中・高で習った計算 まるごとドリル(ベレ出版)他

この本を使って、現在の計算力を確認します。

なお、この本にはこだわりませんが、非常にコンパクトにまとまっているので、ページ単位で取り組むのが楽なので、お勧めします。

1.最初に取り組むこと
  • 算数が得意な人を基準に『標準処理時間』を決めます
  • その時間で生徒に解いてもらいます
2.ミスした問題は、10問連続ミスなく解けるまで類題を解く

ミスをした問題について、その場で10問類題を作成します。それを演習してもらいます。

とにかくミスがなくなるまで取り組みます。1問でもミスしたら、10問解きなおしです。だから、絶対にミスをしないように気を付けます。 それでも発生してしまうのがミスです。本当にミスを克服できるようになるまで、演習を続けるので、ミスを”絶対に”克服できるのです。

3.解く早さにもこだわる

計算は、ゆっくり解いて満点でも、試験では戦えません。そのため、『標準処理時間』で、満点を取ることが目標です。 急ぐから、ミスが出ます。急いでミスが出てしまうなら、それはまだ、試験で使えるほどの実力にはなっていません。 10問を、標準時間内に解けなかったり、ミスをしてしまったら、やはり再度10問解いてもらうことになります。

絶大な学習効果

凄く大変な演習に聞こえるかもしれません。 しかし、実際にはこの10問は、せいぜい1問数秒~30秒程度で終わる問題ばかりです。10問解いても5分もかかりません。 同じことを繰り返しますから、その処理速度はどんどん早くなっていくでしょう。 この手間を惜しむかきちんと取り組むかで、計算の得意・不得意には大きな差が生まれます。