『体験』は、思い出話ではなく、説得材料を書く

◆国が認定した教育事業となりました

平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国の事業に認定されました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

『体験』が単なる思い出話にならないように

模試の採点などをすると、小学生でも高校生でも、「この体験は、なんのために書いたんだろう?」と思う体験に、多数遭遇します。

「自分もそういう経験がある」系

大半の作文・小論文では、課題文の内容を拾って、「自分もそういう経験がある」というようなことが書かれています。

しかし、『そういう経験』については、著者がもう説明済みなので、ほとんど意味のない体験となっています。

「思い出話」系

単なる思い出話が書かれていて、課題文とも、自分の意見とも、ほとんど関連性のない場合も少なくありません。

作文・小論文は、理解力と説得力をアピールする試験です。

「どういうことを説得しよう」「どういう学びをアピールしよう」という視点を書くことが求められています。

それが放棄されているならば、点数のつけようがありません。

『体験』を書く方針

『体験』は、自分の意見が説得力を持つように、『まとめ』に上手につながるように、書かなければなりません。

つまり、自分の意見の説得力を高め、さらに、自分の『行動改善』につなげるように書かなければなりません。

そういう『体験』を、上手に組み立てなければなりませんが、これを言葉で説明するのは困難です。

添削や指導を通して、地道に教えていくことになるので、興味があればご連絡ください。

『体験』に書く内容

体験に書く内容は、簡単です。

  • 誰が
  • 何をした
  • そうしたところ、どうなった

この「そうしたところ、どうなった」のところには、失敗体験又は成功体験を書きます。

『まとめ』で、「今後はそういうことが起こらないように、こうしていこう」という内容を書く場合には、失敗体験を選びます。

『まとめ』で、「今後、もっとレベルを高めよう」という内容を書く場合には、成功体験とさらなるその改善点を書きます。

作文・小論文の無料相談

問い合わせの目的 (必須)
無料相談したい受講したいその他

保護者名 (必須)

保護者メール (必須)

保護者電話番号(必須)

生徒名 (必須)

答案等の添付

いまお困りのこと

具体的な相談内容 等