電子書籍のご案内
最新情報
  • 平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国が補助して推進する事業に認定されました。今後の私たちの活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

作文・小論文の答案は『まとめ』から考える

◆国が認定した教育事業となりました

平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国の事業に認定されました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

『まとめ』で迷う人は少なくない

通常、作文・小論文は3~4段落の構成になります。

『書き出し』の段落があって、『自分の意見』などを書いておく段落があって、『体験』などにより説得する段落があります。

なお、『書き出し』と『自分の意見』、『自分の意見』と『体験』は、1つの段落で書く場合があります。これは、問題の指示に従って書きます。

さて、その次に続くのが『まとめ』の段落です。

この段落には、何を書いておくのでしょうか。

『まとめ』には『行動改善』を書く

『まとめ』の段落では、課題文を読んで、自分の体験をふまえて、「今後、こういう風に取り組んでいこう/考えていこうと思います」という内容を書くようにします。

こういう書き方で、適切な内容が書ければ、「課題文からしっかり学びました」「自分なりにしっかり考えました」ということをアピールすることができます。

『まとめ』の考え方

ところで、『まとめ』より先に、 『体験』を先に考える意味は、ほとんどありません。

『まとめ』は、『自分の意見』と合わせて考えておきましょう。

『自分の意見』があって、『行動改善』を書くとして、この『自分の主張』と『行動改善』をつなぐのが、『体験』ということになります。

『体験』を先に考えてしまうと…

『自分の意見』の後に、『体験』を先に考えてしまうと、『行動改善』が割とどうでもよい内容になってしまう場合があります。

多くの受験生が、一生懸命、作文・小論文を書いてきて、『まとめ』を書きだした段階で手が止まってしまうということを経験していると思います。

それは、その『行動改善』や、『行動改善』にもなっていない『まとめ』が、1段落目・2段落目を繰り返しただけというような、どうでもよい内容になっているからなのです。

『行動改善』は簡単で良い

例えば、『友情の大切さ』を書くよな作文・小論文であれば、「今後は、友情を損なわないために、前もってきちんと伝えるというような、コミュニケーションを大切にしていきたいと思います」というような、単純なもので構いません。

むしろ、課題文の意図に沿った単純なものであればあるほど、採点側も、「本文をしっかり理解している」と判断しやすいのです。

作文・小論文の無料相談

問い合わせの目的 (必須)
無料相談したい受講したいその他

保護者名 (必須)

保護者メール (必須)

保護者電話番号(必須)

生徒名 (必須)

答案等の添付

いまお困りのこと

具体的な相談内容 等