電子書籍のご案内
最新情報
  • 平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国が補助して推進する事業に認定されました。今後の私たちの活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

上手な線の引き方

◆国が認定した教育事業となりました

平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国の事業に認定されました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

はじめに

あなたは、どんなところに線を引いていますか?

課題文を読む時に、線を引かない人は少ないと思います。

しかし、何のために線を引くのか、どういうところに線を引くべきなのかについて、きちんと理解している人も少ないと思います。

何のために線を引くのか

これは、読み直しを減らすためです。

問題を解いたり、作文・小論文を書いたりするのに必要な情報があって、それを探すために、もう一度全文読むとしたら、非常に効率が悪いです。

だから、そういうことをしなくてもよいように、『しおり』のような役割で、線を引いておくのです。

どういうところに線を引くべきなのか

以下については、必ず線を引いておくようにしましょう。

  • あいまいな表現・おおげさな表現
  • 〇〇だろうか
  • 〇〇べきだ
  • その点、~~
あいまいな表現・おおげさな表現

これは、何かをおおげさに、あるいはあいまいに書いておくことで、その表現をテーマに、話を膨らませる役割があります。

例えば、『チャーハンは宇宙だ』という風に書かれていたとしたら、なぜそう思おうのか、どうして・どう宇宙なのかという、詳細な説明があるはずです。

ここから、「大切なことを説明しますよ」という目印になっているのです。

〇〇だろうか/〇〇べきだ

定番の問題提起と主張ですね。

これは、「もう既に線を引いているよ」という人も多いでしょう。

その点、~~

この表現の後は、例外や補足説明が来るケースが多いです。

問題提起や主張よりも、この例外・補足説明が、問題を解いたり、作文・小論文を書いた入りする際に、重要になってくるケースは少なくありません。

作文・小論文の無料相談

問い合わせの目的 (必須)
無料相談したい受講したいその他

保護者名 (必須)

保護者メール (必須)

保護者電話番号(必須)

生徒名 (必須)

答案等の添付

いまお困りのこと

具体的な相談内容 等