作文・小論文のテンプレートを作っておきたい

◆国が認定した教育事業となりました

平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国の事業に認定されました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

やめましょう

「作文/小論文のテンプレートはありませんか?」と聞かれることがあります。

しかし、そんなテンプレートは、全く役に立たないどころか、むしろ害になります。

なぜ害なのか

テンプレートを使うというのは、課題文の理解を放棄することを意味します。

それでは、「課題文をしっかり理解しています」というアピールが、作文・小論文の中で出てきません。

だから、テンプレートはよくないのです。

でも、せめて『体験』でも…

同じ体験ですら、何を説得したいかによって、書き方や構成が変わります。

  • 自分が試験に向けて英語の勉強をしていた時、友達は、演奏会のための練習をしていた。
  • 友達が演奏会のための練習をしていた時、自分は試験に向けて、英語の勉強をしていた。

この2つは、中身は同じです。

友情・共同ということの大切さを説得するのであれば、1つ目の書き方になります。

一方、義務の大切さ、勉強の大切さなどを説得するのであれば、2つ目の書き方になります。

1つの体験でも、何を説得したいかで、書き方が大きく異なるのです。

テンプレート化ではなく…

より多くの体験を、しっかり書き切るようにしましょう。

そして、何を説得したかったのか、その説得が成功しているかを、丁寧に検証しましょう。

そういう愚直な取り組みが、1つの体験から上手に構成し、しっかり説得材料につなげる実力になるのです。

作文・小論文の無料相談

問い合わせの目的 (必須)
無料相談したい受講したいその他

保護者名 (必須)

保護者メール (必須)

保護者電話番号(必須)

生徒名 (必須)

答案等の添付

いまお困りのこと

具体的な相談内容 等