電子書籍のご案内
最新情報
  • 平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国が補助して推進する事業に認定されました。今後の私たちの活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

斬新なことが書けるようになりたい

◆国が認定した教育事業となりました

平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国の事業に認定されました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

よく相談されるものの…

まだ対策が進んでいないような子から、「作文/小論文で、斬新なことを書いて、高い点数が取りたいです」とよく相談されます。

しかし、それはそもそも、作文・小論文という科目の意味を間違えています。

作文・小論文という科目の意味

作文・小論文の試験は、なんのためにあるのでしょうか。

それは、文献や論文を正確に読み、理解し、自分の意見を書く能力があるかを確認したいからです。

創造性を試す試験ではありません。創造性を試すなら、ある商品について、広告を書かせればよいのです(そういう問題も時々はありますが)。

斬新なことを書く意味がない理由

残念ながら、入試に出るようなテーマは、だいたい、ほとんどが議論しつくされているものばかりです。

例えば、『安楽死についてどう思うか』というテーマでは、「認めるべきか、認めないべきか」「例外的に認めるとしたら、どういう時か」という議論があります。

受験生は、世の中でどんなことが議論されているかを勉強しておいて、あるいは、課題文から読み取り、それを作文・小論文に仕上げるだけです。

このような内容で、斬新な案を出す必要があるでしょうか。

むしろ、「あ、この人は、基本的なことを勉強してきていないんだな」と思われてしまい、決して高い点数にはなりません。

高い点数を得るためには

高い点数を得るためには、以下を作文・小論文の中でアピールすることが重要です。

  • 課題文を正確に理解したこと
  • 自分の意見をシンプルにまとめたこと
  • 自分の意見を補強する体験があったこと
  • 課題文で学んだことを、今後の生活につなげる意志

これだけで構いません。斬新な案など、一切必要がないのです。

作文・小論文の無料相談

問い合わせの目的 (必須)
無料相談したい受講したいその他

保護者名 (必須)

保護者メール (必須)

保護者電話番号(必須)

生徒名 (必須)

答案等の添付

いまお困りのこと

具体的な相談内容 等