電子書籍のご案内
最新情報
  • 平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国が補助して推進する事業に認定されました。今後の私たちの活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

自分の答案のどこが悪いのか分からない

◆国が認定した教育事業となりました

平成31年7月31日(水)、弊社が企画した作文・小論文のDVD教材を作成するプロジェクトが、国の事業に認定されました。今後の活動にも、ぜひご注目くださいませ。<参考ページ

『完璧な答案』が分からなければ、悪いところも分からない

まずは、算数・数学の計算演習を思い出してください。

もし、『解答集』が無ければ、よほど得意な単元でなかったら、自分の答案が正しいか間違っているか、分からないはずです。

解答集を見れば、解き方・計算が違うことが分かるからこそ、何度も解き直して、計算方法に慣れるのです。

そういう訓練を経て、ミスがなくなり、その単元を習得できるのです。

自分の答案が正しいか間違っているか分かるぐらいまでになっていたら、間違えないし、間違えたら、答え合わせには入らないし、答え合わせはいらないはずです。

作文・小論文でそういう演習をしていますか?

多くの人は、自分が書きたかった内容に対して、『完璧な答案』を知らないまま、作文・小論文の勉強・復習をしています。

だから、伸びるはずがないのです。何を演習すればよいか分からず、算数・数学のドリルを解いて、解きっぱなしになっているような人が多いのです。

『完璧な答案』が手に入らない?

手に入るはずがありません。答案の方針は、答案を書いた人にしか分かりません。

ただ、「どういうつもりで書いたのか」「本当はどう伝えたかったのか」など、指導者が意図を確認してあげることで、『完璧な答案』になるように、導いてあげることはできます。

作文・小論文の指導は、個別指導がベスト

『ベスト』というよりも、作文・小論文は、個別指導でなければ伸ばしてあげられません。

ほとんどの人は、書いた時の意図を、数時間もすれば忘れてしまいます。書いたその場で、 「どういうつもりで書いたのか」「本当はどう伝えたかったのか」 を確認しなければ、有効な実践的指導になりません。

『書いた意図の確認』を、書いたその場でして、それに対して訓練するからこそ、次に同じ失敗をしないのです。それが『訓練』というものです。

作文・小論文の無料相談

問い合わせの目的 (必須)
無料相談したい受講したいその他

保護者名 (必須)

保護者メール (必須)

保護者電話番号(必須)

生徒名 (必須)

答案等の添付

いまお困りのこと

具体的な相談内容 等